fc2ブログ

ル・シュクリエの乳がん治療の日々

ある日偶然見つけた胸のしこり。乳がんの診断から手術、術後の治療の日々を綴っていきたいと思います。とても不安だった手術までの日々。同じ病気で不安な日々を送られている方に少しでも参考になればと思います。

家族には

ガン告知を受けた日、両親や子供達にどう話そうかと迷いに迷いました。
心配をかけたくない。という気持ちが強かったです。
でも入院して手術を受けるので、隠すこともできません。

帰宅するとまず父親が待ち構えていて私に聞きました。
「検査の結果はどうだった?」と。
「大丈夫やったんやろ?」

「ん~あのね、ガンだったわ。」

父は一瞬言葉をなくして、ちょっと考えてから
「そうか、しっかり治さんとあかんな。」と言いました。

私が、「悪いところは全部取ってしまえば大丈夫やと思う。」というと、
複雑な顔をしていました。

そして息子達にもストレートに話ました。
「お母さんな、ガンやったわ。9月2日に手術することになったからね。」

迷いに迷ったわりに直球という(^^::
二人とも一瞬間があって、

「手術したら大丈夫や」と言ったような。。。
場を明るくしようと気を使っているように見えました。

たぶん私に見えないところで彼らなりに色々考えたり心配していたと思います。

母は後から話してくれたのですが、やはり私から病名を聞かされた夜は心配で眠れなかったそうです。
でも次の朝には、手術までバランスのいい食事をたくさん食べさせて、体調を完璧に整えて万全の態勢で手術日を迎えさせるぞ!と決めたそうです。

母強し。


スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する